プロフィール

 栃木県立氏家高等学校音楽科卒業後渡独ドイツ国立デトモルト音楽大学ミュンスター校でK.ヒュンテラー教授の下、芸術家養成課程を修了、演奏家ディプロム取得。

 

 2006年ミュンスター国際音楽祭、2007年国際造形芸術祭”スクルプチャープロジェクト07”、2010年アジア国際ギター音楽祭等でゲストアーティストとして出演。

多数の現代音楽祭においてV.バラカウスカス、J.M. サンチェス-ヴェアドゥ、T.ブレーム各氏の作品を初演。ドイツの日刊紙『Westfaelische Nachricht』に「音楽のイニシアチブを握る演奏」と称される。2011年ドイツ大統領C.ヴルフ来日に際し御前演奏を行う。

 

 これまでにフルートを松本寿美子、小川堅ニ、竹澤栄祐、K.ヒュンテラー、C.ホイテンガに、室内楽を川崎操ヴァイセンボルンに、音楽理論を山田栄二に作曲法をU.シュルツハイス各氏に師事。G.シュマイザー、R.エイトケン、A.リーバークネヒト、C.フェラリーニ各氏のマスタークラスを受講。

 

 ドイツ語通訳としてG.シュマイザー(フルート)、S.マンツ(クラリネット)、M.ファイト(ピアノ)、J.フランツ(フルート)、P.タバリオーネ(フルート)、C.ホイテンガ(フルート・現代音楽)等のマスタークラスを経験する。

 

 コペルニクス・ギムナジウム(ドイツ/ライネ)講師を経て、現在関西笛の会講師としてフルート教育の低年齢化に取り組んでいる。